【高校野球】花巻東・佐々木麟太郎、ドラフト会議の生放送は視聴せず「練習をしてました」インタビュー(3)

スポーツ報知
NPBではなく、米国大学への進学を選択した佐々木麟太郎は花巻東高校から世界を目指して旅立ちの時を待つ(カメラ・泉 貫太)

 歴代最多となる高校通算140本塁打をマークした強打者、花巻東の佐々木麟太郎内野手(3年)が1日、岩手・花巻市内の同校でインタビューに応じた。プロ志望届を提出せずに米国への留学を決断した背景や、将来への思いなどを語った。(加藤 弘士、高橋 宏磁)

 ※インタビュー(2)からのつづき

 10月26日のドラフト会議はテレビの生中継で見なかったという。

 「見ることはできなかったです。練習をしてました。後でニュースで見たりとか、話を聞いたりしました。最後まで悩んで選択肢に残していた部分ですし、ただ決めたからにはアメリカのことしか考えていなかった。本当に気持ちを切り替えてやっていたので。自分の人生のことだけに集中していました」

 同世代の中ではドラフト指名されてプロに行く選手、進学する選手と様々だ。

 「同世代の選手の皆さんも、自分自身で決めた道。覚悟を持って決めたと思う。どの大学でもプロでも、本当にリスペクトしかない。18歳って大きな人生の岐路だと思っていますし、その中で選んだ道。相当な覚悟を持ちながら今、生活しているので。どの舞台でもこれからも、自分自身も頑張りたいなと思います」

 プロ志望届提出か、米国の大学へ留学か。大きな決断だった。

 「最後の最後まで悩んだんですけど、まだまだ野球選手としてもプロに行くレベルの人間とは思っていませんでしたし、まだまだ勉強したいことが多かった。目指すべきものを達成するという上では、大学に行ってからどれだけ自分自身を伸ばせるかというのは、すごく大事な期間だと思っています。怖さはなくて、アメリカに行ってからどれだけ野球選手として上がっていけるかは、自分自身楽しみしかないかなと思います」

 同校OBで幼少期からよく知るエンゼルスの大谷翔平投手が今季、メジャーリーグで2度目のMVPを獲得した。

 「もちろん先輩ですし、尊敬するところばかりです。刺激はすごく受けています。目指している先輩なので、追いつけるように少しでも頑張りたいと練習しています」

 ◆佐々木 麟太郎(ささき・りんたろう)2005年4月18日、岩手・北上市生まれ、18歳。幼少時から野球を始め、小1で江釣子ジュニアスポーツ少年団に入団。江釣子中ではエンゼルス・大谷の父・徹氏が監督を務める金ケ崎シニアに所属し2年夏に「4番・三塁」で東日本選抜大会優勝。高校では1年春から「2番・一塁」でレギュラー。184センチ、113キロ。右投左打。家族は両親と妹。

取材後記

 人懐っこい笑顔が好きだった。麟太郎を初めて取材したのは1年春。2年春から、花巻東の担当記者として全ての公式戦を取材した。取材を終える度に「ありがとうございました」と頭を下げる姿が印象的だった。

 最後の夏の甲子園は準々決勝敗退。その後、進路を注目される状況になっても、丁寧な態度は変わらなかった。9月上旬、秋季岩手県大会の花巻地区予選。スタンドには、後輩を応援する麟太郎の姿があった。私を見かけると「今までありがとうございました」などと、あいさつしに来てくれた。

 11月に佐々木洋監督の取材で同校を訪れた時のこと。球場内の一室には、脇目も振らずに勉強する麟太郎の姿があった。聞けば週に3~4日は英会話を勉強中だという。今年初めて、麟太郎が私に気づかなかったその一瞬。さみしいようで、どこかうれしかった。(宏)

野球

×