NHK大河「どうする家康」徳川秀忠が有名になれなかったのは家康の親心か…最終回に向けV字回復中!第46回見どころ

スポーツ報知
「どうする家康」3日放送の一場面

 嵐の松本潤が江戸幕府初代将軍・徳川家康を演じるNHK大河ドラマ「どうする家康」(日曜・後8時)の第46回「大坂の陣」(3日放送)で、徳川家と豊臣家がついに激突する。

 豊臣秀頼(作間龍斗)が再建した方広寺の鐘に「国家安康」「君臣豊楽」の文字が。家康の文字を「家」と「康」に分ける文言として戦争の火種になってしまう。受験生として勉強した際は、何かの冗談かと思ったものの、社会人になり多くの不毛な争いを見てくると分からないこともなくなってくる。

 徳川サイドは茶々(北川景子)が人質として江戸に来るよう要求。怒った豊臣側の大野治長(玉山鉄二)は両家を仲介する使者の片桐且元(川島潤哉)の暗殺を計画し、家康も戦に踏み切る。三浦按針(村雨辰剛)に用意させた英国製の大砲も配備。万全の備えを敷く。

 苦しい立場になるのが家康の孫で、秀頼に嫁いでいる千姫(原菜乃華)。こんなことになるなら、何のための政略結婚なのかと思わされる。

 前週第45回「二人のプリンス」(11月26日放送)では家康と秀頼の主導権争いが展開された。二条城で対面する際。どちらが上座に座るかで「どうぞどうぞ」の譲り合いに。結局、秀頼が2人で上座に座ることを提案し、家康を座らせた後、自分が下座に移動して「大御所様。長らくのご無沙汰大変ご無礼致しました。秀頼、心からおわび申し上げまする」と頭を下げた。老将に一杯食わせた格好になった秀頼。家康も印象について「秀吉じゃ…」と非凡なものを認めた。

 秀頼に脅威を感じているのは家康だけではなかった。秀忠も「父上が死んでしまったら…私と秀頼の戦いになったら、私は負けます。負ける自信がある!」と声高に認めた。潔すぎる発言にSNSでも「ちょっと笑っちゃった」「好きすぎて何度も見てしまう」など笑いの声が相次いだ。ただ家康は自身が弱かった頃の心境を明かし「(昔の方が)多くの者に慕われ、幸せであった気がする。わしはそなたがまぶしい」と声をかけた。秀忠が歴史的に名前が響かなかったもの、家康の親心が故だったのかもしれない。

 懐かしい再会もあった。師匠と仰ぐ今川義元(野村萬斎)の息子・氏真(溝端淳平)が老けメイクで登場。「平気で人を殺せるようになった」と嘆く家康に「お主に助けられた命もあることを忘れるな」と温かい言葉で返した。あまりに久しぶりの再登場。番組関係者も「溝端さんは一度クランクアップされた後、また撮影に来られたようです」と明かす。

 第45回の平均世帯視聴率は11・6%でアップ。ライバルのテレビ朝日系「ポツンと一軒家」の12・0%に僅差まで迫った。最終回まであと3回。誰もが結末を知る戦いであるからこそ描かれ方が気になってくる。(NHK担当・浦本将樹)

 ※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

芸能

×