【箱根への道】和田正人から4年ぶり復活の日大後輩へ「皆の頑張りは多くの人を喜ばせています」

スポーツ報知
母校・日大の練習に訪れて激励した和田正人(カメラ・清水 武)

 第100回箱根駅伝(来年1月2、3日)で日大が4年ぶりに復活出場する。日大時代に2度、箱根駅伝の9区を駆けた俳優の和田正人(44)が母校を訪問。後輩ランナーに感謝と激励の気持ちを熱く伝えた。予選会(10月14日、東京・立川市)を堂々の5位通過を果たし、節目の90回目の出場を決めた。和田は温かい目で練習を見守りながら学生時代の思い出を語った。(取材・構成=竹内 達朗)

 和田は人気俳優として忙しい日々を送っているが、母校訪問の日、予定より1時間も早く、東京・稲城市の練習場に到着。満面の笑みで、後輩ランナーを出迎えた。

 「最近は走っていなかったのですけど、きょうは日大の練習を見に行くということで気合いを入れるために6キロ走りました」

 練習前に選手たちが整列すると、4学年後輩に当たる武者由幸コーチ(40)に促されて和田は、あいさつに立った。

 「箱根駅伝出場、おめでとう! そして、ありがとう。予選会突破を決めた後、高知にいるオヤジ(繁太郎さん、75)は涙を流しながら、仏壇に向かって祖父母に『また、日大が箱根駅伝に出られるよ』と報告しました。みんなの頑張りは家族や先生や友人たち周りの人たちを喜ばせていると思うけど、みんなが思っている以上に多くの人を喜ばせています」

 日大は優勝(12回)、出場(今回で90回目)ともに歴代3位を誇る名門。しかし、近年は低迷が続き、3年間で監督交代が3度もあった。不振脱出の切り札として就任したのが、昨年12月の全国高校駅伝で岡山・倉敷を3度目の優勝に導いた日大OBの新雅弘(しん・まさひろ)監督(62)だった。「大学駅伝の指導は素人です」と謙遜しつつ「大事なことは土台作り」という信念で学生を向き合った。じっくりと走り込みを行い、チームを強化。ハーフマラソン(21・0975キロ)の上位10人の合計タイムで13枠の本戦出場権を争った第100回箱根駅伝予選会(10月14日、東京・立川市)で堂々の5位通過。4年ぶり90回目の出場を勝ち取った。

 練習に励む選手たちを頼もしそうに見つめながら、和田は予選会当日の思いを明かした。

 「立川まで応援に行きたかったのですが、仕事のため、テレビの前で応援していました。ポイント地点(10キロ、15キロ、17・4キロ)で10人通過が出ますよね。途中まで日大は2人だけで25番くらいに沈んでいるんですけど、急に10人と表示された。僕は画面で『N』のユニホームが大挙して通過することを確認していましたが、多くの人が『システムエラーなのでは?』と疑ったのではないでしょうか。それほど、見事な集団走でしたね。新監督の指導による豊富な練習量が生かされたと思います」

 和田は1998年に高知工から日大に入学。1年時から頭角を現し、3区出場が予定されていたが、年末に左膝を故障し、補欠に回った。2年時は9区を任され、区間9位だった。

 「箱根駅伝を初めて走れた喜びはありましたけど、結果には満足はできませんでした。3年生、4年生の時はもっと活躍したい、と思いました」

 3年時にはチームのエース格に成長。3区出場が決まっていた。

 「レース前日の元日、最終調整で1000メートルを2本走ったんですけど、呼吸がすごく苦しかった。ただ、発熱はなかったし、今、思うと、重圧だったと、感じます。当時、日大の監督だった西弘美さん(現・明大スカウティングマネジャー)に正直に症状を説明しました。年間を通して安定した走りを見せていたので、西さんに『和田に任せた』と言ってもらえると思っていたら、あっさり『じゃあ、交代しよう』と。膝から崩れ落ちて、号泣しました。その時、登録メンバーから外れて箱根駅伝には出られない4年生の先輩に『お前には、もう1年、あるじゃないか』と励ましてもらったことを昨日のことのように覚えています」

 最終学年。主将を任され、先頭に立って練習に励んでいたが、10月に左すねを故障。12月からようやく練習を再開し、急仕上げで最後の箱根路に挑んだ。

 「本当は1区を走りたかったけど、復路の9区に回りました。区間5位という結果が精いっぱいでした。チームも10位でシード権(当時は9位以内)を落としてしまいました。苦い思い出です」

 2002年に卒業後、実業団のNECに進んだが、翌年3月に陸上部がまさかの廃部になった。

 「当時のNECは強かった。その年のニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)は4位ですよ。廃部になるとは全く考えられなかった。会社からは他の実業団チームへの移籍か、会社に残って社業に専念するか。その2択でした。僕は何の根拠もなく『俳優になります』と言って、競技も会社も辞めました。今、考えると、あり得ない選択でしたね」

 2004年、オーディションで特別賞を受賞。2005年に俳優デビュー。徐々に出演するテレビ、映画を増やし、2013年にNHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」でヒロイン卯野め以子(杏)の幼なじみ泉源太の役を好演し、人気俳優となった。

 「日大で箱根駅伝を目指した日々が今の僕をつくってくれました。思うようにいかない4年間でしたけど、一緒に過ごした先輩、同期、後輩、指導者の皆さんに感謝しています」

 昨今、日大では、薬物問題に揺れるアメフト部を廃部にする方針を固め、さらに事件を巡る対応で沢田康弘副学長(59)が林真理子理事長(69)にパワハラを受けたとして提訴するなど暗い話題が多い。その中で明るい話題が箱根駅伝の復活出場だ。今回、箱根駅伝は記念すべき100回大会を迎える。日大は最後の優勝(1974年)から50年、最後のシード(2014年、7位)から10年。そして、90回目の出場。節目が重なる大会となる。和田は後輩ランナーに心からのエールを送る。

 「第100回箱根駅伝を全力で走り、全力で楽しんでほしい。応援している家族、先生、友人のために。何より自分のために」

 ◆日大 1921年創部。箱根駅伝には22年の第3回大会に初出場。35年からの4連覇を含め優勝12回。出雲駅伝は優勝5回、全日本大学駅伝は優勝3回。3大駅伝20勝は駒大(29勝)、日体大(21勝)に続き、早大と並んで3位。タスキの色は桜色。主な陸上部OBは56年メルボルン五輪男子マラソン5位の川島義明、2016年リオ五輪男子400メートルリレー銀のケンブリッジ飛鳥、2023年ブダペスト世界陸上女子やり投げ金の北口榛花ら。

 ◆和田 正人(わだ・まさと)1979年8月25日、高知・土佐町生まれ。土佐町中時代はソフトボール部に所属しながら駅伝大会に出場。高知工に入学後、陸上を本格的に始める。日大が箱根駅伝で最後に優勝した74年大会で7区区間賞の野中三徳先生の指導を受け、全国高校駅伝に2度出場(2年1区36位、3年4区36位)。1998年、日大入学。箱根駅伝は2年9区9位、4年9区5位。2002年に卒業後、実業団のNECに入社。03年、廃部に伴い、退社し、俳優を志す。2005年に俳優デビュー。2013年にNHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」で好演し、人気俳優に。17年にタレントの吉木りさと結婚。現在は2児の父。趣味はゴルフ。172センチ、62キロ(学生時代は54キロ)。

スポーツ

×