元ヤクルト・中山翔太、イースタン新規参入のオイシックス新潟入り…独立リーグ九州「きんに君」

スポーツ報知
12球団合同トライアウトで本塁打を放った中山翔太

 22年にヤクルトを戦力外となり、独立リーグ九州アジアリーグの火の国に在籍している中山翔太外野手(27)が、来季からイースタン・リーグに新規参入するオイシックス新潟でプレーすることが29日、分かった。

 18年ドラフト2位で法大からヤクルト入り。185センチ、95キロの体格を生かしたパワーある打撃が魅力で1年目の19年には35試合で5本塁打を放った。ウェートトレで鍛えあげた筋肉がトレードマークで、「きんに君」の愛称で親しまれてきた。

 15日に行われたプロ野球12球団合同トライアウト(鎌ケ谷)では、DeNA戦力外の笠原から左翼へ本塁打を放ちアピールしていた。関係者によると、この日までにオイシックス入りが内定、後日正式に発表される予定だ。オイシックス新潟は巨人を戦力外となった右腕・三上の内定も判明するなど戦力を補強している。

野球

×