【巨人】田中千晴、来季は歌と“二刀流”宣言…美声と宝刀フォークでファン魅了だ

スポーツ報知
来季の目標を色紙にしたため笑顔の田中千晴(カメラ・宮崎 亮太)

 巨人・田中千晴投手(23)が29日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、900万円増の1900万円で更改した(金額は推定)。

 契約更改の場でも個性全開だった。田中千は来季、野球と歌の“二刀流”で異彩を放つと宣言した。年俸1900万円で契約を更改し「来年期待しているというのをすごく強く伝えていただいた」と球団からの思いを受け止めた。

 力を入れるのは野球だけではない。23日のファンフェスタでは東京Dで尾崎豊の「I LOVE YOU」をギターの弾き語りで披露。オリジナルソングの作成について問われると「ちょっと頑張ってみます(笑い)」と意欲を見せた右腕。「もう野球のことより最近歌手やん?みたいな感じになっている(笑い)。でも僕的には野球以外でも、キャラクターができてうれしい」。唯一無二で今後もチームを盛り上げる。

 将来的には先発の希望もあるが、来季の目標は「50登板、防御率1点台」。今季は30試合に登板して2勝3敗、防御率5・51に終わり、「得意なフォークが数字で見ていると縦の変化量やリリースの位置などで安定感がなかった。もっと扱えるようにしたら抑えられる。課題はそこです」。美声と鋭く落ちるフォークで人々を魅了する。(水上 智恵)

巨人

×