大仁田厚、全日会場を電撃訪問…斉藤ブラザーズの世界タッグ王座挑戦権は12・17FMWE横浜鶴見大会の結果次第に

スポーツ報知
全日大会の行われる後楽園ホールを電撃訪問。斉藤ブラザーズに世界タッグ挑戦を直談判した大仁田厚

◆全日本プロレス「#ajpw世界最強タッグ決定リーグ戦2023」大会(29日、東京・後楽園ホール)

 「邪道」大仁田厚が開場前に突如、後楽園ホールに登場。世界タッグ王者、斉藤ジュン、レイの斉藤ブラザーズに宣戦布告した。

 突然の訪問の理由について、「大隈さんに世界タッグに挑戦させてもらえないか聞きに来た」とタイトルを主管するPWFのドリー・ファンクJr.会長の代理人・大隅良雄氏の名前を挙げた大仁田。

 過去、第97代世界タッグチャンピオンの斉藤ジュン&斉藤レイの斉藤ブラザーズの才能と今後の伸びしろに期待する発言をしており、12月17日に神奈川・鶴見青果市場で開催される自身主宰のFMWEの今季最終戦「FMWE年内最終年・OUT OF CONTROL~制御不能~」大会のメインイベントの「雷神矢口デビュー30周年特別試合 地獄のデスマッチ6 時間無制限1本勝負 北側有刺鉄線電流爆破+有刺鉄線地雷ボード爆破+電流爆破バット+邪道ロケット」では、斉藤ブラザーズとの対戦が予定されている。この試合はFMW時代からの盟友・雷神矢口のレスラーデビュー30周年のメモリアルマッチとなる。

 この日、チケットも持たないまま、まだ開場前の後楽園ホールの入口を我が物顔で通過。リングサイドに大隅氏を発見した大仁田は「今度の12月のFMWEは俺の盟友、雷神矢口選手のデビュー30周年記念試合。お祝いに世界タッグに挑戦させてもらうことはできませんか?」と丁寧な口調で問いかけた。

 「ドリー会長に聞いてみないと…」と即答を避けた大隈氏が斉藤ブラザーズを呼びに行くと、弟のレイが「なにしに来やがった!」と叫びながら登場。大仁田の嘆願に斉藤ブラザーズは「12月17日の鶴見でおまえらが俺たちに勝ったら、挑戦させてやる!」と自信たっぷりに言い放った。

 王者タッグの言質を引き出した形の大仁田は世界タッグ王座について「世界タッグの重みは知ってるよ。(ジャンボ)鶴田さん、天龍(源一郎)さんだろ。それにスタン・ハンセンやテッド・デビアスも獲ったよな。あっ、テッド・デビアスは2年前、アメリカで会ったけど、元気そうだったよ」と余談もまじえてニヤリ。

 「世界タッグは、昔はそうそうたる面子が巻いていたベルト。最近、パッとしないと思っていたら、斉藤ブラザーズが持って俄然、面白いベルトになったじゃない」と、PWF認定世界タッグ王座について「邪道」なりの敬意を表明。目的を果たすと、「どうも失礼しました」と一礼。足早に後楽園ホールを後にした。

格闘技

×