【ロッテ】ドラフト4位・早坂響が松戸市役所を表敬訪問「涌井さんくらいチームを勝たせられるように」

スポーツ報知
松戸市役所を表敬訪問したドラフト4位・早坂響投手(左)と本郷谷市長(カメラ・小田原実穂)

 ロッテにドラフト4位で指名された幕張総合高の早坂響(おと)投手が29日、松戸市役所を表敬訪問し本郷谷健次市長から激励を受けた。

 松戸市出身の早坂は幕張総合高2年秋に捕手から本格的に投手へ転向。わずか9か月ほどで球速は20キロ以上アップし、最速は151キロに。短期間で高校生トップクラス右腕に急成長し夢のプロ入りを果たした。本郷谷市長からは「地元で最高だね。松戸からプロにいって活躍している人はたくさんいる。あとを追うように頑張ってほしい」と激励を受けた。

 「松戸の名前を全国に響かせられるように頑張りたい」と意気込んだ右腕。松戸出身のプロ野球選手にはメジャー挑戦を表明した日本ハム・上沢や元ロッテで現在中日の涌井ら実績を残している投手が多くいる。小学生の頃にはロッテのファンクラブに入ってた早坂は「小学生でロッテを好きになった頃に、ちょうど涌井さんがロッテのエースだった。そのくらいチームを勝たせられるように頑張りたい」と大先輩の背中を追い、活躍することを誓った。

野球

×