宮本恒靖氏、次期JFA会長選にただ1人立候補…12月24日に投票へ 初の元Jリーガー会長誕生へ

スポーツ報知
日本サッカー協会宮本恒靖理事

 日本サッカー協会は29日、専務理事の宮本恒靖氏(46)が次期会長選挙(12月24日投票)の正式な立候補者となったことを発表した。Jリーガー出身の会長が誕生すれば史上初となる。最終4期目を務めている田嶋幸三会長(66)は来年3月で退任する。

 宮本氏は、立候補の条件となっている47都道府県協会やJ1クラブの代表などで構成される79人の評議員のうち16人以上の推薦を今月25日までに得て、正式な立候補者となった。また、立候補を希望していたJリーグチェアマン室特命担当オフィサーの鈴木徳昭氏(61)は条件を満たせず、この日発表された立候補者に名前がなかった。

 12月24日の臨時評議員会で評議員による投票が行われ、出席者の過半数以上を得られれば「会長予定者」として承認される。正式に会長に選任されるには、来年3月に定時評議員会で理事として選任され、同評議員会で選任された新理事による互選のプロセスを経て、承認が得られた場合に正式に会長就任となる。

 宮本氏は元日本代表でW杯に2度出場。G大阪、ザルツブルク(オーストリア)、神戸でプレー。2011年の現役引退後は、国際サッカー連盟(FIFA)などで運営する大学院「FIFAマスター」を修了した。G大阪監督を経て、昨年から協会理事、今年から専務理事を務めている。

サッカー

×