伊達みきおが「マジですごい」と称賛する13年前の大ブレイク芸人 ザキヤマもネタに感心「いや~うまいよ」

スポーツ報知
伊達みきお

 テレビ朝日系「証言者バラエティ アンタウォッチマン!」(火曜・午後11時45分)が28日に放送された。

 この日は「あの芸人は今も大活躍SP」と題し、再ブレイクを果たした人気芸人の裏側に迫った。その一人として特集されたのが、芸歴26年のねづっち。2010年に、どんな言葉でも瞬時に謎かけを披露するネタでブレイクし、おなじみのフレーズ「ととのいました」はその年の流行語にも選ばれた。

 ブレイクのきっかけとなった同局系「アメトーーク!」の映像も放送し、ねづっちは「町工場とかけまして2ちゃんねると解きます。『ちゅうしょう』(中小、中傷)が多いでしょう」とネタを披露。スタジオで映像を見た「サンドウィッチマン」の伊達みきおは「ねづさんマジですごいからな。瞬時に出るからね」と感嘆。「アンタッチャブル」の山崎弘也も「いや~うまいよほんとに」と感心していた。

 ねづっちはブレイク翌年に仕事が激減。しかし近年は謎かけ動画がSNSで大人気となり、自身のYouTubeチャンネル「ねづっちチャンネル」のフォロワー数も急増。ねづっちはインタビューで「去年の8月、3万人くらいの登録者数が、1か月で一気に10万人増えました」とうれしそう。若者を中心とした営業に引っ張りだこで、「今は休みは月に1日か2日ですね」と再ブレイクの生活を明かした。

芸能

×