谷原章介、日本海テレビ幹部の「24時間」寄付金など着服問題に見解…「人ごとじゃない…テレビ局全体の信用にかかわる問題」

スポーツ報知
谷原章介

 フジテレビ系「めざまし8」(月~金曜・午前8時)は29日、日本テレビ系の日本海テレビジョン放送が28日に経営戦略局長の男性(53)が2014年以降、チャリティー番組「24時間テレビ」の寄付金や会社の売上金など計約1118万円を着服していたと発表したことを報じた。同社は27日付で男性を懲戒解雇した。

 同社によると、内訳は24時間テレビの寄付金264万6020円と会社の売上金などの資金853万6555円。11月上旬に発覚した。28日に鳥取署に被害を届け出た。同社はホームページで「浄財が着服されるのを10年間、見落としてしまいました。皆さまに深くおわび申し上げます」とコメントしている。

 MCで俳優の谷原章介は今回の問題に「人の思いのこもったお金で飲食とかギャンブルというのは本当に許してはいけない行為だと思います」と断じた。

 一方で「これ人ごとじゃないな、と思うのは、テレビ局とかいろんな災害が起こった時、チャリティーとか募金を呼びかけたりするじゃないですか。そういう意味ではテレビ局全体の信用にかかわる問題だと思います」とし「同時にこれから募金のあり方、現金でもってくると記録が残りづらいから振り込みであったりとか、わかりやすい形でチャリティーを呼びかける必要があるのかもしれない」と提言していた。

芸能

×