玉川徹氏、日本海テレビ幹部の「24時間」寄付金など着服問題に見解…「善意で成り立っているものに悪意が入り込む余地があった」

スポーツ報知
テレビ朝日

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)は29日、日本テレビ系の日本海テレビジョン放送が28日に経営戦略局長の男性(53)が2014年以降、チャリティー番組「24時間テレビ」の寄付金や会社の売上金など計約1118万円を着服していたと発表したことを報じた。同社は27日付で男性を懲戒解雇した。同社によると、内訳は24時間テレビの寄付金264万6020円と会社の売上金などの資金853万6555円。11月上旬に発覚した。28日に鳥取署に被害を届け出た。

 同社はホームページで「浄財が着服されるのを10年間、見落としてしまいました。皆さまに深くおわび申し上げます」とコメントしている。

 コメンテーターで元テレビ朝日社員の玉川徹氏は寄付金の着服に「まさに善意で成り立っているものに悪意が入り込む余地があった場合には、こういうことが起きてしまうのは残念でならないですね」とコメントしていた。

芸能

×