羽鳥慎一アナ、日本海テレビ幹部の「24時間」寄付金など着服問題で再発防止策を提言…「すべての系列局でちゃんとチェックをして」

スポーツ報知
羽鳥慎一アナ

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)は29日、日本テレビ系の日本海テレビジョン放送が28日に経営戦略局長の男性(53)が2014年以降、チャリティー番組「24時間テレビ」の寄付金や会社の売上金など計約1118万円を着服していたと発表したことを報じた。同社は27日付で男性を懲戒解雇した。

 同社によると、内訳は24時間テレビの寄付金264万6020円と会社の売上金などの資金853万6555円。11月上旬に発覚した。28日に鳥取署に被害を届け出た。同社はホームページで「浄財が着服されるのを10年間、見落としてしまいました。皆さまに深くおわび申し上げます」とコメントしている。

 「24時間テレビ」で2011年から総合司会を務める羽鳥慎一アナウンサーは解雇された53歳の男性に対して「30年ぐらい日本テレビ系列にいるということで。30年間、この日本テレビ系列の社員としてこの番組に携わって、寄付金に対してこういう思いなんだというのは…何なんだ!この人は!というふうに私は思います」と断じた。

 続けて「皆さんの多くの人の善意の上で成り立っているのが『24時間テレビ』で、形は寄付はお金で受け取っているんですが、みなさんの『こういうふうにしてください』という思いを預かっているわけなんで、そこを完全に1人の人間が裏切ったということなんだと思います。着服ですけど、単なる着服じゃちょっとすまされない。非常に悪質な事案だなと私は怒りを感じております」と憤りをあらわにしていた。

 さらに「今後、すべての系列局でちゃんとチェックをして。こういう1人の人間がやった異常な特殊な事態だったんだとお伝えしないと、やっぱり『じゃあ、(寄付を)しないよ』となっても仕方がないなと思います」と再発防止策を提言していた。

芸能

×