【楽天】安楽騒動の余波でイベント中止相次ぐ…塩釜市との協定締結式は「球団が抱えている事象から」延期に

スポーツ報知
安楽智大

 楽天・安楽智大投手(27)のハラスメント疑惑を受け球団は28日、宮城・塩釜市と29日に予定していたパートナー協定締結式を延期すると発表した。27日に予定していた選手会納会の他、投手会や野手会なども中止に追い込まれており、騒動の余波が広がっている。

 締結式には森井誠之球団社長(49)が出席予定だった。終了後には青山浩二アカデミーコーチ(40)が同市内の小学校で未来塾を行う予定もあったが騒動の影響の大きさをふまえ、延期を決断した。球団は「現在の球団が抱えている事象から、塩釜市様・参加いただくお子様への本協定締結式以外の部分でご迷惑をおかけしないという配慮のもと、球団から『延期』の提案をさせていただき、協議のもとに、ご了承いただき決定にいたりました」と説明。このほか、納会などが直前の中止となったため、選手会役員はキャンセルの連絡や謝罪に追われているという。

 球団では情報収集のため、選手やスタッフら約100人に安楽や他の選手からハラスメントを受けたことがあるかなどのアンケートを実施。26日に締め切り、精査を始めている。NPBに提出する保留者名簿の提出期限は30日。現在、安楽は契約更改交渉の無期限延期と自宅待機が命じられているが、処分の結論が出なかった場合は名簿から外れ、自由契約となる可能性もある。

野球

×