マンチェスターUが1月にベルナー獲得へ 攻撃陣立て直しに元チェルシーFWを指名

スポーツ報知
ライプチヒのドイツ代表FWベルナー(ロイター)

プレミアリーグのマンチェスターUが、2024年1月の移籍期間にライプツィヒ所属のドイツ代表FWティモ・ベルナー(27)獲得を計画していることが明らかになった。

 米スポーツ・チャンネル『ESPN』電子版が掲載した記事によると、ドイツのスカイスポーツがマンチェスターUのベルナー獲得をスクープ。ライプツィヒにドイツ代表FWの獲得が可能か打診したという。

 ESPNはこの1月補強を「驚きのオプション」と伝えて疑問視。ベルナーは2019-20年シーズンにライプツィヒでリーグ戦28ゴールを記録。その直後の2020年6月に大きな期待とともにチェルシー移籍を果たし、2シーズンを過ごしたが、プレミアでは両シーズンとも35試合出場で6ゴールしか記録できず、失意のままライプツィヒに帰って行った経緯がある。

 しかしマンチェスターUは昨季、40試合の公式戦出場で16ゴールを奪った27歳ドイツ代表FWの可能性に注目。今夏に獲得したデンマーク代表FWホイルンドが故障して、手薄になった攻撃陣に厚みを加える戦力として評価。2度目のプレミアでの爆発を期待している。

サッカー

×