ジーコ氏が日本代表を称賛、鹿島には奮起促す 都内で対談

スポーツ報知
弁護士ドットコムの元栄太一郎社長(47)と対談するジーコ氏

 サッカー元日本代表監督で、鹿島のクラブアドバイザーを務めるジーコ氏(70)が27日、東京・六本木の弁護士ドットコム本社で創業者の元栄太一郎社長(47)と対談した。

 日本代表の現状について感想を求められると、「強いですね。選手は海外で活躍して、結果を出している。森保(一)監督は人としても、選手としても監督としても素晴らしい」と称賛。「アジアでも日本は強豪と思われているので、これからもしっかり準備をして戦うべきだ」とした。

 今後の課題については「ベスト8に進めなかったのは、小さな部分だ」と分析。今後は、グループとトーナメントでの戦い方を変えていくべきだとし、「ブラジルではプロ化して優勝するまで25年かかった。日本もプロができて30年。私が生きている間に、優勝できるよう、日本代表にはがんばってもらいたい」とエールを送った。

 一方、今季も無冠に終わった鹿島については奮起を促した。「結果が出ていないのは、チームの編成が影響している。1番良かった2018年のメンバーから10人が抜けてしまった。新型コロナの影響もあり、まだうまくチームとして機能していないと思う」と指摘。「チームを支える中心選手を作ることが大切だ。最近はホームで負けることが増えてきているので、勝てるよう改善していくべきだ」と述べた。

サッカー

×