FWユンカー、来季も名古屋でプレーへ 浦和から今季期限付き移籍、リーグ3位タイの15得点

スポーツ報知
キャスパー・ユンカー

 浦和から名古屋に期限付き移籍しているデンマーク人FWキャスパー・ユンカー(29)が来季も名古屋でプレーすることが27日、濃厚となった。

 ユンカーは21年にボーデ・グリムト(ノルウェー)から浦和へ加入し、公式戦16得点をマーク。昨季はリーグ7得点、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)4得点と活躍し、ファンから「貴公子」と称されてきた。

 今季加入した名古屋ではリーグ32試合に出場し、快足と決定力を生かして得点ランク3位タイの15ゴール。アグレッシブな速攻を武器とする長谷川健太監督(58)のもと、8月にFWマテウスカストロが海外移籍した中でエースに君臨した。

 名古屋は今季序盤から3位以内を走ったが、直近10戦はわずか1勝で現在5位に順位を落としている。長谷川監督の続投がすでに発表されている来季、2010年以来のJ1制覇を狙う得点源として残留する。

サッカー

×