石井好博さん死去 74歳 習志野のエースで千葉県勢初の全国制覇 監督でも甲子園V 掛布雅之氏ら育成

スポーツ報知
元習志野高校野球部監督の石井好博氏

 習志野(千葉)の監督として1975年夏の甲子園を制した名将・石井好博(いしい・よしひろ)さんが26日、死去した。この日の午前中、体調不良を訴え、搬送先の成田市内の病院で亡くなった。74歳だった。

 石井氏は千葉県千倉町(現・南房総市出身)生まれ。習志野では67年夏の甲子園でエースとして県勢初の全国制覇に貢献。早大を卒業後、75年には26歳で指揮官としてエース・小川淳司(現ヤクルトGM)を擁して夏の甲子園を制覇。選手、監督の両方で甲子園優勝を経験した。掛布雅之氏(スポーツ報知評論家)や福浦和也氏(現ロッテヘッド兼打撃コーチ)ら多くのプロ野球選手を育てるなど、名伯楽として知られた。

 葬儀・告別式の日程は未定となっている。

野球

×