浦和、33歳FWカンテが現役引退発表「穏やかに、誇りを持って引退します」

スポーツ報知
浦和ホセ・カンテ

 浦和は27日、ギニア代表FWホセ・カンテ(33)が今季限りで現役引退することを発表した。

 スペインで生まれ育った長身184センチのストライカーは、今年3月に完全移籍で加入。5月にはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)優勝に貢献した。リーグ戦は23試合に出場し、チーム最多の8得点。対人の強さやテクニック、シュート技術を武器にファンから「理不尽」と称されるほどのスーパーゴールを連発し、公式戦12得点をマークした。

 カンテはクラブを通じてコメントを発表した。

 「私は幸せに、穏やかに、誇りを持って引退しますが、何よりも感謝しています。物心ついたころから、私を形作ってきたサッカーに感謝しています。ファン・サポーターのみなさんに感謝しています。ファン・サポーターのみなさん無しでは、このスポーツに価値を付けられません。この難しいタスクを私に託し、信頼し頼りにしてくれたクラブ関係者の皆さん、感謝です! そして、この素晴らしい道中、私に訪れる新たな人生に感謝します!! フットボールのために、私は常に野心的でした。だからこそ、引退を発表しても、自分自身への敬意と私たちに多くの期待を寄せてくれるファン・サポーターのみなさん、そして浦和レッズに関わるすべての方への敬意のため、最高の形で終えることだけを考えています。シーズンを良い形で終えられることを願っています、私たちの努力は報われるはずです!!! ありがとうございました!」

サッカー

×