マイナビ仙台、日テレ東京Vに5失点3連敗…須藤監督「ホームで惨敗。サポーターの皆様に申し訳ない」

スポーツ報知
5失点目に肩を落とすマイナビ仙台の選手たち

◆WEリーグ第4節 マイナビ仙台0-5 日テレ東京V(26日、ユアスタ)

 マイナビ仙台はホームで日テレ東京Vに0―5で大敗し、3連敗となった。須藤茂光監督(67)は「ホームで惨敗して、サポーターの皆様には申し訳ない。やりたいことが機能しなかった」とうつむいた。

 序盤は前からの守備がはまって、相手の攻撃を封じるとゴール前に攻め込んで決定機もつくった。しかし前半終了間際の43分に先制点を奪われると、後半は守備が乱れて連続失点。攻撃もリズムがつかめずシュートはわずか1本と攻守に精彩を欠いた。DF国武愛美(26)は「ハッキリしないプレーが多くてつぶしきれなかった」と振り返った。

 中2日での連戦という難しさもあったが、国武は「戦術どうこうより、本当に戦えていたのか、気持ちが足りなかった」と反省。次節は12月9日(対大宮、ユアスタ)と準備期間が長いだけに「気持ちを再確認してギアを上げないと。気を引き締めて戦う姿を見せたい」とホームでの連敗脱出を誓った。(秋元 萌佳)

サッカー

×