鍵山優真、初のGPファイナルは「高いレベルでの試合になる」優勝へ「もっともっとクオリティーをあげて」

スポーツ報知
エキシビションで演技を披露する鍵山優真(カメラ・小林 泰斗)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯から一夜明けた26日、会場となった大阪・東和薬品RACTABドームで出場選手らによるエキシビションが行われた。

 男子でNHK杯優勝した鍵山優真(オリエンタルバイオ・中京大)は大トリで登場し、オペラ曲「Werther」を壮大に演じた。

 この日は会場で取材にも応じ、出場権を獲得した12月のGPファイナル(北京)へ「高いレベルでの試合になると思う。今季安定感を増してきてる選手が何人もいて、僕もそこに入って今回戦うことになる。でも自分のやるべきことだけはしっかりと集中しながら、その結果が何位でも、自分のやるべきことをしっかりとやって、試合を終えたい」と決意を新たにした。

 左足首故障から戻って来た今季は、今大会からショートプログラムの4回転を2本に戻し、今季世界最高得点をマーク。フリーはまだ4回転2本にとどめている。ファイナルでの構成については「今のところまだ考えていない」と言うが、「ほんとに高難易度の4回転を跳ぶ選手と戦うためには、もっともっとクオリティーをあげていかないといけない部分もある。ジャンプももちろんそうですけど、スピン、ステップ、その他諸々でGOEだったりとか、もっと稼いでいける質を身につけたいなと思います」と話した。

スポーツ

×