J2千葉、09年以来のJ1復帰ならず…昇格プレーオフで東京Vに惜敗

スポーツ報知
前半、FKでゴールを狙うも、枠外に外れ悔しがる千葉・田口泰士(中)(カメラ・宮崎 亮太)

◆J1昇格プレーオフ▽準決勝 東京V2―1千葉(26日・味の素スタジアム)

 J2の6位でプレーオフに進出した千葉は東京V(同3位)に1―2で敗れ、2009年以来となるJ1復帰を逃した。

*  *  *

 立ち上がりから統制のとれたプレスと素早い攻守の切り替えで相手を圧倒。敵陣ゴール前に果敢に攻め立てたが、決定機を生かせずネットを揺らすことはできなかった。前半34分に先制点を献上すると、流れは相手に傾く。引き分けでも勝ち上がれないレギュレーションの中、同44分に2点目を与えると一気に苦しくなった。

 3点が必要になった後半は、開始と同時にリーグ13得点のFW小森飛絢(ひいろ)を投入。同33分に小森が1点を返し、終盤はパワープレーで好機をつくったが、1点止まりで無念のタイムアップとなった。

 小林慶行監督の戦術が浸透したシーズン中盤以降、破竹の勢いで盛り返し、6位でプレーオフ枠に滑り込んだが、J1昇格はまたもかなわなかった。

サッカー

×