【女子野球】東西オールスターは関東選抜がサヨナラ勝ちで勝ち越し

スポーツ報知
7回1死三塁、坂口のサヨナラ打に喜ぶ関東選抜ナイン(カメラ・軍司 敦史)

◆第4回東西オールスター第3戦 関東選抜2x―1関西選抜(26日、清原球場)

 女子硬式野球リーグのヴィーナスリーグ(関東地区)とラッキーリーグ(関西地区)の選抜チームによる「東西オールスター」の第2戦と3戦が行われ、関東選抜は3戦をサヨナラ勝ちで2勝1敗とし、通算成績6勝6敗2分で4年目の大会を終えた。

 第2試合、初回に先制しながら5回に逆転を許して敗れた関東選抜は、続く第3試合も初回に1点を奪われて0-1のまま最終回に。1死から田中美羽(巨人)の三塁打、清水優花(西武ライオンズレディース)のスクイズ野選で同点とすると、その後盗塁や暴投で1死三塁に。ここで代打の坂口英里(ZENKO BEAMS)が「自分らしく振れれば」とカーブをうまく中前に返す人生初のサヨナラ打。ナインはベンチを飛び出して歓喜した。

 「トップレベルの選手に抱きつかれて、うれしかった」という坂口に、関東選抜を率いた巨人の宮本和知監督は「最初の試合でタイミングが合っていたので、いつか代打で使おうと思っていた良いタイミングで(坂口が)回ってきました。来年につながる勝ち越しになった」と笑顔。劇的な展開に「この4年間で1人1人の能力も上がりました。このオールスターを、みんながここでやりたいと思ってもらえる舞台にしたい」と、来年に向け意欲をみせた。

野球

×