NHK杯5位の青木祐奈、大学卒業後について「全日本が来季につながる結果になったら続けたい」

スポーツ報知
エキシビションで演技を披露する青木祐奈(カメラ・小林 泰斗)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯から一夜明けた26日、会場となった大阪・東和薬品RACTABドームで出場選手らによるエキシビションが行われ、女子で日本勢最高の5位に入った青木祐奈(日大)も軽やかな演技を披露した。

 この日は会場で取材に応じ、初のGPを振り返って「この舞台でこの舞台でショートフリーそろえられたのはよかったです」と語った。

 現在大学4年の青木。今後についての今の思いも明かし、「(12月の)全日本の結果が来シーズンにつながる結果になったら、それは本当に自分にとってチャンスだと思うので続けたいと思う。スケートを続けるのは大変なことと自分が一番よく分かっているので、滑れたらいいですけど、簡単には決断できないんですけど、全日本も次につなげられたらもう一回考え直したい」とした。

スポーツ

×