エムバペ、パリSG退団を希望「新たな移籍先を探す」と報道 Rマドリード行きは「今のところはない」

スポーツ報知
フランス1部パリSGの同国代表FWキリアン・エムバペ(ロイター)

 フランス1部パリSGの同国代表FWキリアン・エムバペが、退団を望んでいると24日、スペインメディア「エルゴル・デジタル」が報じた。

 来年6月までパリSGとの契約を残すエムバペは、今夏、クラブの契約延長オファーを拒否。その上で、来夏にフリーでスペイン1部Rマドリードへ移籍することを希望していると伝えられていた。Rマドリードは、昨夏にもオファーを出し、交渉が進んでいたが一転、パリSGと契約を更新していた。

 報道によると、Rマドリードが昨夏の“破談”や「金銭的条件」を優先するエムバペと契約する可能性は「今のところはない」とのこと。しかし、移籍の道が閉ざされたことは、パリSG残留とは無関係だという。

 エムバペは「欧州チャンピオンズリーグ制覇」を目標としており、パリSGではそれが難しいと考えている。そのため、目標をかなえるため、「新たな移籍先を探す」と伝えている。

 同メディアは、イングランド1部マンチェスターUが関心を寄せていると言及。クラブ関係者は「エムバペの高額な年俸に対応するため、経済的な努力をする」と話しているといい、「伝統的なクラブの一つであるため、あり得ない行き先ではない」と報じている。

サッカー

×