【井手大介の釣りJOURNEY】南房でコマセマダイ釣り!大苦戦も船長の秘伝伝授でサヨナラヒット!西川名港・竜一丸

スポーツ報知
最後の流しで本命のマダイをゲット。ホッとする井手大介(竜一丸で=カメラ・越川 ワタル)

 Fm yokohamaのアウトドア番組「The Burn」でDJを務める井手大介が南房・西川名沖でコマセ釣りのマダイに挑戦した。西川名港の報知指定・竜一丸からコマセマダイ釣りに挑戦した。西川名港の竜一丸から出船。2度目のマダイのコマセ釣りに井手は大苦戦も安西竜一船長からコツを教わり最後にアタリが。本命のマダイを手にすることはできたのか?

 今回はコマセのマダイ釣り。ビシにオキアミを詰めてマダイのいるタナ(魚の泳層)まで沈めて水中でまくと魚が寄ってきて、そのうちにオキアミを付けたハリに食い付くって筋書きだ。説明だけなら単純だが、実に繊細な釣りで名人達はさまざまな工夫をして挑む。自然にハリを漂わせるためにハリスはとても長い。潮の流れが速いと感じた時はガン玉をつけたりスイベルでハリスをテーパー仕様にしてみたり、状況に合わせて仕掛けを改造していく。この釣りでは、海中の仕掛けがどうなっているかをイメージする想像力が必要だ。

 能書を垂れた割にはコマセマダイは2回目の挑戦。ほぼ素人の僕は序盤から苦労した。ビシにたっぷり詰めたオキアミがあっという間に空っぽになる。開口部を狭くしぼるとあまりオキアミが出ずにこれまた良くない。そんなこんなで朝の時合いを逃してしまった。一生懸命に竿をしゃくってコマセを出そうとするが安西竜一船長から「魚が逃げるから、もっと優しく」と言われ、秘密の誘い方を伝授してくれた。ビシに入れるコマセの量、コマセの出し方、カゴが空になる時間など色々教えてくれた。秘密の誘い方はここで披露するより直接聞くのが一番。気になる方は竜一丸まで。

 アドバイスの結果、所作が安定しペースをつかんだ。すると釣れるもんだね。おいしいメイチダイ、カワハギの仲間の大きなウスバハギ、ウマヅラハギ。しかし本命のマダイが釣れない。安西船長もどうにか釣らせようと一生懸命ポイントを探るが「今日は反応がねえなあ、水温が急に下がったから」とボヤく。

 「この流しで終わりにしますね」安西船長のアナウンスに心が折れかける。竿を手に持ち、ウネリに合わせて仕掛けをなるべく揺らさないよう注意していると、ガツンとアタリ!ハリスをたぐると赤い魚体が見えた。最後にやっと来た!9回裏のサヨナラヒットだ。1キロのマダイを持った私の写真は喜びと興奮、そして安ど、さまざまな感情が入り交じった表情をしているはずだ。

 時にはブリ、カンパチなども狙える西川名沖。安西船長は「海況と釣果は毎日違うので明日はタイが連発するかもね」と冗談。更に「月、火、金、日曜日は釣果がいい」とのこと。ほんまかいな?笑いの絶えない楽しい釣りだった。(DJ)

 「The Burn」内のコーナー「爆釣モーニング」の取材でボート釣りのワカサギに挑んだ。

ドーム船の電動リール釣りではなくレンタルボートで手巻きのリール付き竿を使う。

 場所は神奈川県津久井湖。船にはぜいたくにもにライブスコープが搭載されている。これは魚群探知機の進化版でセンサーを向けた水中の映像が画面に映る。丸見えだ。群れを見つけて仕掛けを入れるとすぐ釣れる。あまりに釣れるので土砂降りの雨も気にならないほど夢中になった。従来の群れを待って釣るのではなく群れを探して撃つシューティングスタイル。新技術がもたらすワカサギ釣り新時代の到来だ。

◆めも マダイ釣りの近況、乗合船は西川名港竜一丸(☎0470・29・3802)。乗合船は午前船が5時30分集合、午後船は12時集合。料金はコマセ、餌、氷付きで午前船が税込み1万1000円。午後船は同1万円。メンバーズカード提示で毎回1000円割引。レンタルタックル、駐車場あり。

また、以下の船宿からも乗合船が出る。

▽コマセ釣り

太海港聡丸(☎04・7092・0505)

洲崎港第2美吉丸(☎090・7008・0802)

腰越港孝太郎丸(☎0467・31・1344)

茅ケ崎港ちがさき丸(☎0467・86・1157)

早川港平安丸(☎0465・22・0676)。希望で出船

古宇港吉田丸(☎055・942・2565)

▽テンヤ釣り

平潟港第三隆栄丸(☎0293・46・2133)

日立久慈港大さん弘漁丸(☎0294・52・3504)

大洗港昭栄丸(☎029・267・5396)

鹿島港植田丸(☎0299・82・3773)

飯岡港太幸丸(☎0479・63・1902)

大原港松栄丸(☎0470・62・0571)

金沢八景弁天屋(☎045・701・9061)

ライフ

×