アジア杯ベンチ入り26→23人、田嶋幸三会長も「残念」…来年1月12日カタールで開幕 

スポーツ報知
田嶋幸三会長

 日本が5度目の優勝を目指すアジア杯(来年1月12日開幕・カタール)のベンチ入り登録人数が23人となることが23日、分かった。コロナ禍の影響を受けてカタールW杯では26人となっていたが、26年北中米W杯アジア2次予選と同様の23人に戻る。選手層が厚く、試合ごとに入れ替えられる日本にとっては、26人登録の方が有利に働く可能性があった。日本協会の田嶋幸三会長も「残念ですよね。本当はもっと多くしてほしいんですけれど」と話した。

 森保一監督(55)はこの日、W杯2次予選シリア戦(21日)が開催されたサウジアラビアから成田空港に帰国。カタールW杯で勝利したドイツ戦(22年11月23日)から1年の節目に「電光石火の1年でしたね。あっという間でした」と感慨深げだった。

サッカー

×