MVPの門脇誠、隅田知一郎、佐藤輝明、森下翔太、万波中正 侍ジャパンから5人がベストナイン選出

スポーツ報知
MVPを受賞した門脇誠(カメラ・堺 恒志)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本4x―3韓国=延長10回タイブレーク=(19日・東京ドーム)

 「カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023」の決勝が行われ、延長10回タイブレークの末に日本が逆転サヨナラ勝ちし、大会2連覇を果たした。10回に韓国に1点を勝ち越されたが、その裏に同点とすると、2死満塁から巨人・門脇誠内野手(22)が左前に劇打を放った。10月に就任した井端弘和監督(48)は初タイトルを手にした。サヨナラ打を放った門脇が大会MVPに選ばれ賞金100万円を手にした。

 大会ベストナインは以下の通り。

 ▽投手 隅田知一郎

 ▽捕手 アレックス・ホール=オーストラリア=

 ▽一塁 盧施煥(ノ·シファン)=韓国=

 ▽二塁 門脇誠

 ▽三塁 佐藤輝明

 ▽遊撃 金周元(キム·ジュウォン)=韓国=

 ▽外野 森下翔太

 ▽外野 万波中正

 ▽外野 郭天信(カク・テンシン)=台湾=

 ▽指名打者 陳傑憲(チン・ケツケン)=台湾= 

野球

×