【侍ジャパン】万波中正が3安打「成長できた1年」延長10回には申告敬遠…日本代表常に絡みたい

スポーツ報知
優勝トロフィーを肩に乗せる万波(カメラ・堺 恒志)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本4x―3韓国=延長10回タイブレーク=(19日・東京ドーム)

 万波が日本を代表する強打者として認められた証しだった。同点の延長10回2死一、三塁で打席に向かおうとすると、韓国ベンチは迷わず申告敬遠を選択した。次打者は好調の門脇で、塁を埋めれば押し出し四球のリスクもある。それほどパンチ力ある打撃で、強烈な印象を植え付けていた。

 6回に一時同点のきっかけとなる二塁打を含む4打数3安打をマーク。4試合で打率3割5分3厘と、初の日本代表で存在感を示した。ベンチでも他球団の選手と交流し「すごくみんな明るくて、楽しいチームだった。緊張感もあったし、これからもそういう試合をしていきたい」と刺激に満ちた日々を振り返った。

 今季は自己最多の25本塁打。初出場したオールスターでもMVPに輝いた。「長かったですけど、本当に成長できた1年だったと思います」。飛躍の高卒5年目を振り返り「WBCや五輪に常に絡める選手になりたい」と大志を口にした。(内田 拓希)

野球

×