【侍ジャパン】唯一のWBC経験者、4番・牧秀悟「みなさん、すみませんでした」

スポーツ報知
記念撮影をする中大出身の(左から)亀井善行外野守備走塁コーチ、森下翔太、古賀悠斗、牧秀悟(カメラ・中島 傑)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本4x―3韓国=延長10回タイブレーク=(19日・東京ドーム)

 井端弘和監督率いる若き侍ジャパンが大会2連覇を果たした。2―2の同点で突入した延長10回タイブレークで1点を失ったが、1死満塁から5番・坂倉将吾捕手(広島)が犠飛、さらに2死満塁から7番・門脇誠内野手(巨人)が左前にサヨナラ安打を放った。

 3回に失策絡みピンチが広がり2点を失い、今大会4試合目で初めて追いかける展開になった。5回に反撃ののろしとなるソロ本塁打を放った4番・牧秀悟内野手(DeNA)は、お立ち台で「ビハインドを作った原因は自分でした。みなさん、すみませんでした。同級生の(先発した)今井君ナイスピッチングです。すみません」と失策したことを謝罪し、笑いを誘った。

 若いメンバーで臨んだ今大会のメンバーで唯一、3月のWBCを経験した。世界一に輝いた経験を伝える役も期待されていたが「言葉にするのは苦手なので、日々の行動だったりですけど、下の人がしっかりしているので、特にすることはありませんでした。今回若い選手がすごい集まって、生き生きしていてめちゃくちゃいい大会になったと思います」と頼もしい若手と過ごした日々を振り返った。

 WBCから始まりプロ野球シーズンを完走した。「めちゃくちゃ長かったでーす」と振り返り、「全国の野球ファンの皆さま、1年間、本当に応援ありがとうございました。来年も熱い熱いプロ野球熱い熱い試合を繰り広げていきたいと思いますので、来年も応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

野球

×