【巨人】門脇誠のサヨナラ適時打で侍ジャパン優勝 解説を行った戸郷翔征「同級生が決めてくれてうれしい」

スポーツ報知
解説でブースに入る戸郷翔征(カメラ・中島 傑)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本4x―3韓国=延長10回タイブレーク=(19日・東京ドーム)

 負けなしの3連勝で決勝へ進んだ井端弘和監督率いる若き侍ジャパンは、2点を先行されたが6回に同点に追いつき、同点のままタイブレークとなった延長10回に巨人・門脇誠内野手の左前打でサヨナラ勝ち、優勝を飾った。巨人の戸郷翔征投手がこの試合の解説をアマゾンプライムで行った。

 同級生であり、同僚の門脇が試合を決め、「同級生が決めてくれたことはうれしく思いますし、本当におめでとうと言いたいですね」と興奮した様子でコメント。ヒーローインタビューを行った門脇へは「最高なヒーローインタビューでした」と言葉を贈った。

 戸郷もWBCで日の丸を背負い、世界一を経験。「この日本代表の重圧をこの場面でも感じましたし、2大会連続で優勝できたことは来年の臨みにつながると思います」と振り返った。 自身は今季12勝5敗、防御率2・38の好成績を残していたが「チームも2年連続Bクラスに沈んでしまって全員巻き返しを誓うシーズンになると思います」と語った。

巨人

×