【侍ジャパン】サヨナラ連覇決めた!門脇誠「最高で~す」 大会MVPで賞金100万円ゲット

スポーツ報知
タイブレーク10回2死満塁、サヨナラ打を放った門脇誠(中)(カメラ・中島 傑)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本4x―3韓国=延長10回タイブレーク=(19日・東京ドーム)

 井端弘和監督率いる若き侍ジャパンが大会2連覇を果たした。2―2の同点で突入した延長10回タイブレークで1点を失ったが、1死満塁から5番・坂倉将吾捕手(広島)が犠飛、さらに2死満塁から7番・門脇誠内野手(巨人)がしぶとく左前に運び、サヨナラ勝ちを収めた。

 井端監督に続き3回胴上げされた門脇は「本当にこれまで感じたことのない思いだった。最高でーす」と喜びを爆発させた。同点に追いついた後、目の前でこの日2本の二塁打を含む3安打と好調の6番・万波中正外野手(日本ハム)が申告敬遠されて2死満塁の状況で打順が回ってきた。それまで一飛、三振、一犠打、三振と安打は出ていなかった。打席に入る直前、井端監督から声をかけられた。「今日の試合もチャンスで回ってくることが多くて、なかなか打てなかった。前の打席で強引になっていたと言うところで、いつも通り入れということで、いつも通り行きました」と、チームテーマの「リラックス」通り、自然体で向かい、殊勲の一打が生まれた。

 大会前の宮崎合宿中、現役時代に守備の名手だった井端弘和監督から直接、守備の極意を伝授された。打撃では初戦の韓国戦で、大会チーム初安打となる二塁打を記録し、結果的に最後の安打も記録。大会MVPに選ばれ賞金100万円を手にした。ルーキーイヤーを最高の形で締めくくり「非常にいい経験が出来た期間だったのでこれを生かして成長していきたいです」と誓った。

野球

×