【ソフトバンク】山崎福也に4年12億円超提示 工藤、杉内の背番「47」用意 初交渉で猛烈ラブコール

オリックスからFA宣言した山崎福也
オリックスからFA宣言した山崎福也

 ソフトバンクがオリックスからFA宣言した山崎福也投手(31)と大阪府内で初交渉したことが19日、分かった。4年総額12億円超の好条件を用意したとみられ、さらに元監督の工藤公康氏(60)、巨人・杉内俊哉投手チーフコーチ(43)ら歴代の“左のエース”がつけてきた背番号「47」なども提示した模様。残留宣言を認めるオリックスを含め、6球団による大争奪戦が熱を帯びてきた。

 意中の“恋人”に思いをぶつけた。山崎福との交渉には三笠杉彦GM(49)ら球団幹部が大阪府内に足を運び、高い評価を率直に伝えた。18日までに交渉済みのヤクルト、DeNA、巨人を上回るとみられる4年総額12億円超の条件を提示した模様。出来高などを含めて、好待遇が熱意の表れだった。

 潤沢な資金力だけではない。背番号も「47」などを提示したことが有力。球団の「47」といえば、通算224勝の工藤公康、同142勝の杉内俊哉ら歴代の左腕エースが背負ってきた特別な番号だ。三笠GMはFA宣言選手が公示された15日に山崎福について、「貴重な左の先発ですし、補償のない(C)ランクだと聞いていますので。入ってくれれば貴重な戦力になるのかなと思います」と話していたが、今度は直接、ラブコールを送った。

 ソフトバンクは今季、12球団で唯一規定投球回に到達した投手がおらず、先発陣の立て直しは今オフの最重要課題。有原がチーム最多の10勝を挙げたが、左腕では42歳の和田がマークした8勝がトップという状況で、今季11勝の山崎福は喉から手が出るほど欲しい存在だ。今年6月25日には本拠地で9回2死まで無得点に封じられ、9月27日には敵地で8回5安打無失点の快投を許した。その実力を知るからこそ、先発の柱として期待している。

 宣言残留を認めているオリックスやセ・リーグ3球団に、今後交渉を控える日本ハムを加えた6球団による大争奪戦。今オフのFAの目玉だが、潤沢な資金力で昨オフは近藤、嶺井とFA戦士2人を獲得したソフトバンクも大型条件では引けを取らない。小久保新監督が就任し、4年ぶりのリーグ優勝、そして日本一を狙う新シーズン。山崎福を全力で射止める。

野球

×