Twitter facebook Instagram YouTube

「朝倉軍団」西谷大成、山口裕人にKO勝ち

スポーツ報知
ダウンを奪う西谷大成(左)(C)RISE CREATION

◆FIGHT CLUB ▽第6試合(68キロ) 〇西谷大成(1回 TKO)山口裕人●(19日、会場非公開)

 「YA-MAN軍団」VS「朝倉軍団」の対抗戦の中堅戦は「朝倉軍団」の西谷大成(JAPAN TOP TEAM)が、山口裕人(道化倶楽部)から1回TKO勝利を収めた。

 西谷は1回から真っ向の勝負の殴り合いを繰り広げ、左アッパーからのコンビネーションでグラつかせると、ラッシュで1度の目のダウン。さらに残り30秒、ワンツーで2度目のダウンを奪うと、再開早々距離を詰め、山口が防戦一歩になったところでレフェリーがストップ。西谷が圧倒的不利な下馬評を覆(くつがえ)した。

 西谷はリング上で「すごく強い選手で、勝敗予想でも僕が負けると思われていましたけど。予想したプロ格闘家アホだな。まだ過程でしかありません。もっと上りつめます。見ていてください」と喜びを語った。

 ◆西谷 大成(にしたに・たいせい) 1996年10月26日、岡山県生まれ。 『朝倉未来1年チャレンジ』の1期生に当選し、岡山からプロ格闘家を目指し上京。20年8月のDEEPでデビュー。23年2月にはBreakingDownでK-Clannの横田一則にキックボクシングルールで勝利。RIZIN初参戦となった23年6月のRIZIN.43で鈴木博昭と対戦するも、怪物くんの左フックを被弾しTKO負けを喫した。

 ◆山口 裕人(やまぐち・ひろと) 1992年5月20日、大阪府生まれ。 08年7月にプロデビュー。12年のKrush YOUTH GP -63kg級トーナメントでは、1回戦で木村“フィリップ”ミノルを左フックで豪快にKO。15年12月にINNOVATION王座を奪取。16年4月のRIZIN.1に参戦すると大和哲也にKO負けを喫したが、9月のINNOVATIONでハチマキとWBCムエタイ日本スーパーライト級王座決定戦をTKOで勝利して新王者に輝いた。18年12月にINNOVATIONで元WPMF世界ライト級王者ワンマリオ・ゲーオサムリットを判定で下してWPMF世界スーパーライト級暫定王者に。RIZIN.16では白鳥に自慢の豪腕を封じられてしまい、判定で敗れた。

格闘技

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×