【侍ジャパン】門脇誠が決めた! タイブレークで韓国を下し大会連覇…決勝戦試合詳細

スポーツ報知
タイブレーク10回2死満塁、右前にサヨナラ適時打を放った門脇誠

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本4x―3韓国=延長10回タイブレーク=(19日・東京ドーム)

 侍ジャパンは、タイブレークで韓国を下し大会連覇を果たした。延長10回1死満塁、坂倉将吾の犠飛で同点に追いつくと、万波中正が敬遠で出塁。2死満塁から門脇誠が左前適時打を放ち勝利を決めた。

韓国 00 000 000 1 |3
日本 000 0 000 2x |4

 ◇1回(両軍0)
 【韓】金慧成(キム·ヘソン)遊ゴロ、金倒永(キム・ドヨン)三振、尹橦熙(ユン・ドンヒ)右前安打、盧施煥(ノ·シファン)捕邪飛
 【侍】藤原中飛、小園二飛、森下中前安打、牧三振

 ◇2回(両軍0)
 【韓】金揮執(キム・フィジプ)三振、金周元(キム·ジュウォン)左飛、金亨俊(キム·ヒョンジュン)四球、文賢彬(ムン・ヒョンビン)の左前安打で金亨俊二進、崔知訓(チェ·ジフン)左飛
 【侍】坂倉三振、万波右越二塁打、門脇一飛、佐藤輝、岡林ともに四球で満塁、藤原右飛

 ◇3回(韓2、侍0)
 【韓】金慧成(キム·ヘソン)四球、金倒永(キム・ドヨン)の一塁前バントを牧が失策し一、二塁、尹橦熙(ユン・ドンヒ)三振、盧施煥(ノ·シファン)の左中間二塁打で金慧成、金倒永生還、金揮執(キム・フィジプ)の三ゴロで盧施煥タッチアウト、金周元(キム·ジュウォン)二ゴロ
 【侍】小園中前安打、森下の三ゴロで小園二封、牧遊飛、坂倉四球で森下二進、万波の遊ゴロで坂倉二封

 ◇4回(両軍0)
 【韓】金亨俊(キム·ヒョンジュン)三ゴロ、文賢彬(ムン・ヒョンビン)三振、崔知訓(チェ·ジフン)右前安打、金慧成(キム·ヘソン)の右前安打で崔知訓一挙三進、金倒永(キム・ドヨン)右飛
 【侍】門脇、佐藤輝ともに三振、岡林右前安打、藤原三振

 ◇5回(韓0、侍1)
 【韓】(投手根本)尹橦熙(ユン・ドンヒ)、盧施煥(ノ・シファン)ともに遊ゴロ、金揮執(キム・フィジプ)三振
 【侍】小園遊直、森下三振、牧左中間1号本塁打、坂倉二飛

 ◇6回(韓0、侍1)
 【韓】金周元(キム・ジュウォン)、金亨俊(キム・ヒョンジュン)ともに三振、文賢彬(ムン・ヒョンビン)の代打朴承奎(パク・スンギュ)遊ゴロ
 【侍】(投手崔丞鎔、左翼朴承奎)万波右翼線二塁打、門脇の一塁前バントで万波三進、佐藤輝の中飛で万波生還、岡林二ゴロ

 ◇7回(両軍0)
 【韓】崔知訓(チェ・ジフン)三塁バント安打、金慧成(キム・ヘソン)の投前バントで崔知訓二進、金倒永(キム・ドヨン)三振、尹橦熙(ユン・ドンヒ)遊ゴロ
 【侍】(投手崔俊鏞)藤原左飛、小園遊ゴロ、森下二ゴロ

 ◇8回(両軍0)
 【韓】(投手桐敷)盧施煥(ノ・シファン)、金揮執(キム・フィジプ)ともに三ゴロ、金周元(キム・ジュウォン)遊撃内野安打、金亨俊(キム・ヒョンジュン)三振
 【侍】牧二ゴロ、坂倉四球、万波の右前安打で坂倉二進、(投手崔智旻)門脇三振、佐藤輝二ゴロ

 ◇9回(両軍0)
 【韓】(投手田口)朴承奎(パク・スンギュ)、崔知訓(チェ・ジフン)ともに右飛、金慧成(キム・ヘソン)二飛
 【侍】岡林左飛、藤原三振、小園遊ゴロ

 ◇10回(韓1、侍2X)
 【韓】(投手吉村)金倒永(キム・ドヨン)の遊ゴロ併殺打で崔知訓三進、尹橦熈(ユン・ドンヒ)の中前安打で崔知訓生還、盧施煥(ノ・シファン)の右前安打で尹橦熈一挙三進、金揮執三振
 【侍】(投手鄭海英、一塁羅承ヨプ、三塁盧施煥)森下の代打古賀の投前バントで藤原三進、小園二進、牧申告敬遠で満塁、坂倉の中飛で藤原生還、小園三進、万波申告敬遠で満塁、門脇の左前安打で小園生還

野球

×