【侍ジャパン】先発の西武・今井達也が3回に2点を奪われる

スポーツ報知
3回無死一塁、金倒永のバントの打球を牧秀悟がエラー、マウンドに集まる侍ジャパンナイン(カメラ・堺 恒志)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本―韓国(19日・東京ドーム)

 負けなしの3連勝で決勝へ進んだ井端弘和監督率いる若き侍ジャパン。先発の西武・今井達也投手が3回に先取点を奪われた。

 先頭のキム・ヘソンに四球、キム・ドヨンの送りバントを一塁の牧秀悟内野手がファンブルする失策で無死一、二塁。3番のユン・ドンヒからは見逃し三振を奪い1死一、二塁となり、4番のノ・シファンに左中間を破られる二塁打を許し2点を先取された。

 日本は1次リーグで初戦の台湾戦は完封勝ち、2戦目の韓国戦は9回にソロホームランによる1失点、3戦目のオーストラリア戦は先発の早川隆久(楽天)が5回まで完全投球をみせ、無失点で8回コールド勝ち。決勝で初めて先取点を奪われ、複数失点する展開となった。

→→次ページに「韓国に先取点奪われる」動画→→

野球

×