【侍ジャパン】6回に阪神・佐藤輝明の中犠飛で同点 日本ハム・万波中正が二塁打でチャンスメイク

スポーツ報知
6回1死三塁、佐藤輝明の中犠飛で三塁から生還する万波中正(カメラ・中島 傑)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本―韓国(19日・東京ドーム)

 負けなしの3連勝で決勝へ進んだ井端弘和監督率いる若き侍ジャパン。韓国に2点を先行され、5回に4番の牧秀悟内野手の左越えアーチで1点差に迫ると6回に同点に追いついた。

 先頭の日本ハム・万波中正外野手がこの日2本目の二塁打となる右翼線二塁打で出塁。ここで井端監督は巨人・門脇誠内野手に送りバントのサイン。門脇が一塁線にきっちり決め、1死三塁とし、8番・阪神・佐藤輝明内野手が浅めの中犠飛を打ち上げ、三塁から万波が俊足をとばして生還。ついに同点に追いついた。

→→次ページに「追いついた!佐藤輝明の同点犠飛」動画→→

野球

×