オーストラリア代表、即席日本人応援団に感謝「応援してくれて力になった」 応援歌「狙い撃ち」で声援

スポーツ報知
7回2死満塁、L・スペンスの同点打を喜ぶオーストラリアベンチ(カメラ・泉 貫太)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 3位決定戦 台湾4X―3オーストラリア(19日・東京ドーム)

 オーストラリアは3位決定戦に敗れ、4戦全敗で全試合を終えた。それでも、2000年にディンゴの登録名て中日でプレーし、侍ジャパンの井端監督とも同僚だったニルソン監督は「とてもいい試合だった。日本は第二の家になっている。我々を素晴らしく扱ってくれる。日本の方に多く応援してもらえた。この関係が続くことを願います」と話した。

 18日の試合後にオーストラリア代表の公式X(旧ツイッター)が「日本人は私たちのために歌ってくれますか?」とポスト。それに日本の野球ファンが反応し、三塁側スタンドには即席でつくられた日本人の“応援団”が集まった。これまでの試合に応援もチアもいなかったオーストラリアだが、試合が進むにつれ、応援団は50人から300人以上に。日本では有名な応援歌「狙い撃ち」などをオーストラリア代表がXを通じてリクエストしており、選手の名前が入った応援歌が東京ドームに響いた。

 2点追う7回2死満塁では、1番・スペンスが2点適時打。同点となり、ファン同士がハイタッチで喜んだ。スペンスは「応援してくれて力になった。絶対諦めたくなかった。エネルギーになった」と感謝した。

野球

×