【侍ジャパン】連覇へ先発・今井達也 韓国は右腕クァク・ビン…スタメン発表

スポーツ報知
決勝戦で先発する今井達也(左)と韓国・クァク・ビン

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本―韓国(19日・東京ドーム)

 「カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023」で、侍ジャパンは19日午後6時から韓国との決勝に臨む。18日に1次リーグでオーストラリアに8回コールド勝ちし、3連勝で1次リーグを1位突破した。17年の第1回と同一カードの決勝に臨む。先発は西武・今井達也。韓国は郭彬(クァク・ビン)が登板する。

 打線は前日3安打と好調の藤原恭大(ロッテ)を引き続き1番・DHで起用。3番に森下翔太(阪神)、4番は牧秀悟(DeNA)が戻り、門脇誠(巨人)は7番・二塁で出場する。

 【韓国】

1番・二塁・金慧成(キム·ヘソン)

2番・三塁・金倒永(キム・ドヨン)

3番・右翼・尹橦熙(ユン・ドンヒ)

4番・一塁・盧施焕(ノ·シファン)

5番・DH:金揮執(キム・フィジプ)

6番・遊撃・金周元(キム·ジュウォン)

7番・捕手・金亨俊(キム·ヒョンジュン)

8番・左翼・文賢彬(ムン・ヒョンビン)

9番・中堅・崔知訓(チェ·ジフン)

投手・郭彬(クァク・ビン)

 【日本】

1番・DH・藤原恭大

2番・遊撃・小園海斗

3番・左翼・森下翔太

4番・一塁・牧秀悟

5番・捕手・坂倉将吾

6番・右翼・万波中正

7番・二塁・門脇誠

8番・三塁・佐藤輝明

9番・中堅・岡林勇希

投手・今井達也 

野球

×