韓国の柳仲逸監督、決勝は17年大会と同カード「今シーズン最後の戦いが日韓戦。最善を尽くしていきたい」

スポーツ報知
台湾を下して決勝進出を決めた韓国ナイン(カメラ・泉 貫太)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ 韓国6―1台湾(18日・東京ドーム)

 1次リーグで3連勝して1位突破を決めた侍ジャパンは19日の決勝で、大会連覇をかけて韓国と戦うことが決定した。18日、韓国は台湾に6―1で勝利し2勝1敗として、決勝に進んだ。日本―韓国の決勝は、日本が初代王者となった17年の第1回から2大会連続となった。

 韓国の柳仲逸監督は「今シーズン最後の戦いが、日韓戦となる。とても楽しみにしています。今井投手は日本のエースで球は速いし、変化球も良い。映像を改めて分析して、打者がどのように攻略するかを考えたい。最善を尽くしていきたい」と言葉に力を込めた。

野球

×