【侍ジャパン】井端監督が5回完全の早川隆久を絶賛「2回からは安心」…猛打デビューの藤原恭大は「非常に状態いい」

スポーツ報知
5回までパーフェクトに抑えた早川隆久(カメラ・中島 傑)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ 日本10―0オーストラリア=8回コールド=(18日・東京ドーム)

 「カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023」の1次リーグが行われ、侍ジャパンはオーストラリアに8回コールド勝ちし、3連勝で1位突破を決めた。国際大会20連勝とし、19日の韓国との決勝に臨む。先発・早川隆久投手(25)は5回を完全投球。井端弘和監督(48)が宮崎合宿中に守備の極意を伝授した二遊間コンビ、門脇誠内野手(22)と小園海斗内野手(23)はそろって3試合連続安打。「カドコゾ」が大会連覇へ導く。

***************

 ◆井端監督に聞く

 ―藤原が3安打。

 「宮崎合宿から非常に状態がいい。今の状態を1年間継続できれば間違いなく、また代表に入ってくる」

 ―早川が5回を完全投球。

 「立ち上がりはやはり緊張があり、本来の球の勢いではなかった。初回先頭を何とか抑えた後から球も走り出し、2回からは安心して見ていられた」

 ―3戦で犠打がない。

 「先頭バッターが出たらバントというケースは何度も考えました。全く意図的にやらないというわけではないです」

 ―佐藤輝の調子は。

 「DHで、ちょっとでも状態を上げてほしいという選択はしました。打球は最後(8回の中飛)でいい感じで上がった。あすは1打席目からいってくれれば」

 ―4番起用した万波は。

 「ちょっと強引になる時もあるので、まだ若さが出たかなと思う。当然、期待はしています」

野球

×