退団の中田翔「巨人がすごく大好き、ぎりぎりまで悩んで。でもまだ試合に出たい」…G球場訪れ惜別メッセージ

ジャイアンツ球場を後にする中田翔(カメラ・佐々木 清勝)
ジャイアンツ球場を後にする中田翔(カメラ・佐々木 清勝)

 巨人との複数年契約を合意の上で解除し、退団することが決まった中田翔内野手(34)が18日、決断理由とチームへの思いを語った。この日G球場に荷物整理に訪れ、自由契約となって以降、初めて取材に対応。「いろんなことを経験できましたし、本当に感謝しかないです」と心境を口にした。

 簡単な選択ではなかった。今季は92試合に出場して打率2割5分5厘、15本塁打、37打点。開幕から主に5番打者を務めたが、徐々にスタメンの機会が減り、後半は代打出場が増えた。出場機会を求めて新天地を探すか、愛着あるチームに残るか―。自分の気持ちに正直になった時、答えが見えた。

 「本当に最後の最後まで考えた。巨人がすごく大好きだったので、ぎりぎりまで悩んで。でもまだ自分は試合に出たい、打席に立ちたいと思った。その気持ちがなかったら、今にでもやめていいくらいだよ」

4月、味方の得点にベンチで盛り上がる中田翔(右)と坂本
4月、味方の得点にベンチで盛り上がる中田翔(右)と坂本

 21年8月に日本ハムから無償トレードで加入してから約2年半の在籍。坂本らチームメートと過ごした時間は何よりの財産となった。

 「(坂本)勇人さんはスーパースターで、同じユニホームを着てやるというのは想像していなかったので、うれしかった。今まで、あそこまでの技術をたくさん見ることはあまりなかった。すごくいい勉強をさせてもらいました」

 面倒見の良さで知られる中田翔のもとには退団発表後、後輩からも惜別のメッセージが続々と届いた。自主トレを一緒に行うなど師弟関係にある秋広からの連絡が一番遅かったといい、愛を込めて“暴露”した。

 「みんな泣けてきそうな言葉をかけてくれたのに秋広だけ『もうどっか決まってるんですか?』って(笑い)。俺が冗談で『ヤンキース』って送ったら『ブルペンキャッチャーですか?』って返してきた。アイツの才能だよ、かわいがられる」

 来季は35歳。一年一年が勝負だ。巨人を離れる寂しさをこらえて前を向いた。

 「いろいろ考えた上でプライドが許さなかったです。こういう決断を自分自身がしたので、自分自身が信じてあげたいです」

 中田翔の新たな戦いが始まった。(宮内 孝太)

巨人

×