【侍ジャパン】藤原恭大「何とか結果につながって良かった」初スタメンで3安打2打点

スポーツ報知
7回2死満塁、右前適時打を放つ藤原恭大(カメラ・中島 傑)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ 日本10―0オーストラリア=8回コールド=(18日・東京ドーム)

 侍ジャパンのロッテ・藤原恭大外野手が「1番・左翼」で今大会初出場初スタメン。3安打2打点と躍動し、勝利に貢献した。

 初回先頭で三塁内野安打を記録すると、その後の小園の中前適時打で生還。4―0の6回先頭では中前打をマークし、これも得点につなげた。5―0の7回2死満塁では右前へ2点適時打を放った。

 お立ち台にも上がり、「初戦が始まってこの2試合、出場がなかったんですけど、しっかり準備してきたので『やってやるぞ』という気持ちで臨みました。いいバッティングは少なかったんですけど、なんとか結果につながって良かったなと思います」と振り返った。

野球

×