【侍ジャパン】継投での完全試合ならず…7回2死から3番手・佐藤隼輔が2四球、安打も無失点

スポーツ報知
7回途中から3番手で登板した佐藤隼輔(カメラ・中島 傑)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ オーストラリア―日本(18日・東京ドーム)

 侍ジャパンの投手陣が7回、初めて走者を出した。先発の楽天・早川隆久は5回7奪三振でパーフェクト投球。6回から登板した2番手のヤクルト・吉村貢司郎も打者5人に対し完璧に封じた。

 吉村の後をうけ7回2死からマウンドに立った西武の左腕・佐藤隼輔はオーストラリアの3番・DHウィングローブに対し、初球から2球続けてストレートが高めに浮きボール。フルカウントから投げ込んだ直球は外角に外れて四球になった。オーストラリア21人目の打者が初めての走者となり、継投での完全試合を期待していた東京ドームの観客からは、ため息が漏れた。続く4番のA・ホールに対しても四球を与えて2死一、二塁。5番・キャンベルにカウント2―2から直球を中前に運ばれ、オーストラリアにこの試合の初安打を許した。

 2死満塁のピンチに、場内から起こった励ましの拍手に押されるように、佐藤は直球で押し切り6番・スミスを二飛に抑えて無失点で切り抜けた。

→→次ページに「ピンチを切り抜けた佐藤隼輔」動画

野球

×