【侍ジャパン】3回に4番起用の日本ハム・万波中正の適時三塁打などで2点を追加

スポーツ報知
3回1死三塁、右へ適時三塁打を放つ万波中正(カメラ・中島 傑)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ オーストラリア―日本(18日・東京ドーム)

 1回に1点を先取した日本が3回に追加点を挙げた。

 1死から2番の中日・岡林勇希外野手が内野安打、3番に入る広島・小園海斗内野手の右前打で岡林が三塁へ。送球が乱れる間に小園も二塁へ進んだ1死二、三塁で、オーストラリアの2番手、K・ホールの暴投で岡林が生還し2点目。

 さらに、韓国戦でバックスリーンに飛び込む特大弾を放ちこの日4番に起用された日本ハム・万波中正外野手が期待にこたえる右越えの三塁打を放ちこの回2点を追加、リードを3点に広げた。

 先発の楽天・早川隆久投手は2回まで走者を出さず無安打と好投している。

→→次ページに「万波中正の大きな適時三塁打」動画

野球

×