【侍ジャパン】4回に押し出し四球で1点を追加 リードは4点に

スポーツ報知
4回1死一、二塁、2打席連続の投手強襲安打を放つ岡林勇希(カメラ・泉 貫太)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ オーストラリア―日本(18日・東京ドーム)

 3点リードで迎えた4回に日本が追加点を挙げた。

 1死から9番の巨人・門脇誠内野手が遊撃内野安打で出塁。ロッテ・藤原恭大外野手が四球、中日・岡林勇希外野手の打球は投手のK・ホールが素手でキャッチしようとするが内野安打となり1死満塁。ここで広島・小園海斗内野手が押し出し四球を選び4点目を挙げた。

 3番手でラバーティーが登板し、なおも1死満塁のチャンスだったが、4番の日本ハム・万波中正外野手は三ゴロ併殺打に倒れ、追加点は1点だけに終わった。

野球

×