【侍ジャパン】先発の楽天・早川隆久が5回パーフェクト「役割全うできた」無安打7奪三振の快投で降板

スポーツ報知
5回までパーフェクト投球をみせた先発の早川隆久(カメラ・中島 傑)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ オーストラリア―日本(18日・東京ドーム)

 台湾、韓国に2連勝して決勝進出を決めた井端弘和監督率いる若き侍ジャパン。3連勝を目指すオーストラリア戦に先発した楽天の左腕・早川隆久投手が5回までパーフェクトの好投をみせた。

 1回は3者凡退に抑えたが21球を投げ調子にのれていなかった早川だったが、2回からは本来の投球で、4者連続三振を奪うなど快投。5回を投げ63球、無安打無四球、7奪三振とオーストラリア打線を寄せ付けなかった。降板後、 「自分の役割は全うできたと思うので、あとは中継ぎ陣に託します」とコメントした。

 6回のマウンドにはヤクルトの吉村貢司郎投手が上がった。

→→次ページに「早川の奪三振ショー」動画

野球

×