【侍ジャパン】6回に1点追加 5回まで完全の楽天・早川隆久に代わり6回からヤクルト・吉村貢司郎が登板

スポーツ報知
6回無死、中前打を放つ藤原恭大(カメラ・泉 貫太)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ オーストラリア―日本(18日・東京ドーム)

 追加点が欲しい日本は6回に1点を追加した。

 先頭のロッテ・藤原恭大外野手がこの日2本目の安打となる中前打、中日・岡林勇希外野手の代打、西武・古賀悠斗捕手が三ゴロからの二塁悪送球で無死一、三塁。ここで、広島・小園海斗内野手の遊ゴロ併殺打の間に藤原が返り5点目を挙げた。

 5回までパーフェクト投球の先発の楽天・早川隆久投手に代わって、6回からはヤクルト・吉村貢司郎投手が登板し、3者凡退に抑えた。

野球

×