【侍ジャパン】7回にロッテ・藤原恭大の2点適時打などで3点を追加し8点のリード

スポーツ報知
7回2死満塁、藤原恭大が2点適時打を放つ(カメラ・堺 恒志)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ オーストラリア―日本(18日・東京ドーム)

 6回に1点を加えた日本は7回にも追加点。先頭の5番DHの阪神・佐藤輝明内野手が三ゴロの一塁悪送球で出塁、オリックス・野口智哉内野手が四球、途中出場で8番に入る日本ハム・野村佑希内野手が三塁内野安打で満塁。

 巨人・門脇誠内野手は一直に倒れたがロッテ・藤原恭大外野手が右前にタイムリーを放ち2人が生還。さらに6回から代打出場の中日・石橋康太捕手の左前打で1点を加え、リードを8点に広げた。

→→次ページに「藤原恭大の2点タイムリー」動画

野球

×