【侍ジャパン】オーストラリアに10得点でコールド勝ち 3連勝で決勝へ

スポーツ報知
8回2死一、二塁、野村の2点二塁打に沸く侍ジャパンベンチ(カメラ・泉 貫太)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ オーストラリア0―10日本=8回コールド=(18日・東京ドーム)

 2連勝で決勝進出を決めている日本代表・侍ジャパンがオーストラリアにコールド勝ち。3連勝で決勝に臨む。

 前夜の韓国戦から打順を組み替え、1番にロッテ・藤原恭大外野手、6番に一塁で巨人・秋広優人外野手が入り、4番は韓国戦でバックスリーンに飛び込む特大弾を放った日本ハム・万波中正外野手を起用。

 新打線は1回、先頭の藤原が三塁内野安打、2番の中日・岡林勇希外野手が四球を選んだ無死一、二塁から3番に入った広島・小園海斗内野手が中前にタイムリーを放ち早々に1点を先取。

 3回には1死から岡林が内野安打、小園の右前打で岡林が三塁へ。送球が乱れる間に小園も二塁へ進んだ1死二、三塁で、オーストラリアの2番手、K・ホールの暴投で岡林が生還し2点目。さらに、万波が右越えへ2点三塁打を放ち、リードを3点に広げた。

 その後は4回1死満塁から小園の押し出し四球で4点目。6回には無死一、三塁から小園の遊ゴロ併殺打の間に5点目を挙げた。

 さらに7回には先頭の5番DHの阪神・佐藤輝明内野手が三ゴロの一塁悪送球で出塁。オリックス・野口智哉内野手が四球、途中出場で8番に入る日本ハム・野村佑希内野手が三塁内野安打で満塁とし、巨人・門脇誠内野手は一直に倒れたが藤原恭が右前にタイムリーを放ち2人が生還。さらに6回から代打出場の中日・石橋康太捕手の左前打で1点、この回3点を加えリードを8点に広げた。

 8回には万波が三ゴロ失策、秋広が四球での2死一、二塁から野村が2打席連続安打となる右中間二塁打を放ち、2人がかえり10点目を挙げた。

 投げては先発の楽天・早川隆久投手が5回まで7奪三振で走者を一人も出さないパーフェクト投球。6回からはヤクルト・吉村貢司郎投手が登板し、7回2死までピシャリ。3番手で登板の西武・佐藤隼輔投手は先頭に四球を与えパーフェクトは途絶え、さらに四球と5番・キャンベルに初ヒットとなる中前打を打たれ2死満塁とピンチを迎えたが、スミスを二飛に打ち取り得点は許さなかった。8回は中日・清水達也投手が2奪三振の3者凡退で締め、8回コールド勝ちとなった。

野球

×