寺田心、反抗期に入り始めたと告白「言われたことに斜に構えてしまうことも…」

アニメ映画「屋根裏のラジャー」ジャパンプレミアに出席した寺田心
アニメ映画「屋根裏のラジャー」ジャパンプレミアに出席した寺田心

 俳優の寺田心が16日、都内で行われたアニメ映画「屋根裏のラジャー」(百瀬義行監督、12月15日公開)のジャパンプレミアに女優の鈴木梨央、安藤サクラ、仲里依紗、山田孝之、イッセー尾形、百瀬監督、西村義明プロデューサーと出席した。

 映画「メアリと魔女の花」(2017年)で知られるスタジオポノックの最新作。愛を失った少女の想像から生まれた少年・ラジャーの冒険ファンタジーを描く。

 ラジャー役の声優を務めた寺田は、イベントの模様が全国5都市に中継されたことから「地元の名古屋で中継されているのがうれしい。最後までみてってちょ~!」と方言を交えて呼びかけた。

 寺田は声優初挑戦ながら、純真な少年ラジャーを演じ切ったが「僕とラジャーとの共通点は信念かなと思いますが、違う点で言うと最近反抗期に入り始めていまして」と成長期ならではの変化を告白。「どうしても言われたことに対して斜に構えてしまうこともある。でも、ラジャーのまっすぐで芯が通っているところや、素直な気持ちを忘れないようにいたい」と語っていた。

芸能

×